クレダ!&乾燥の感想はこりゃイカンゾ〜
2005/12/14
またまたダジャレタイトルですみません。
妻のよち美に「オヤジギャグ」と言われようとも、幼い娘のよち子に
フル無視されようとも、続けます。
本人としては韻を踏んだ詩(ラップ)のつもりです。

まずクレダの件、製造元(英国)からもご回答いただき感謝感激です。
とてもよくわかりました。
ダイヤルで何を制御しているのかがわかったことで、放熱と蓄熱の
ダイヤルを回す力加減、重さがそれぞれまったく違う理由もわかった
気がします。
ダイヤルの意味にも理解が深まり、使い方にも工夫のしがいがある
ってもんです。

書き漏らしていましたが、クレダの暖房そのものとしての快適さ、
すばらしさは抜群です。
いただいたご回答の中にもクレダの特長が書いてありましたが、
特に
 ・輻射熱によるおだやかな暖かさ
 ・風を起こさないので、ほこりが立たない。
 ・静か
は、どんな他の暖房器具にも勝る美点だと思います。

今回のご回答とあわせて、まさにこれだ(クレダ)!という感じ。



話は変わって、SCのお便りが届きました。

新築1年目は、基礎コンクリート、木材が少なからず生乾きのため、
湿度はそれなりに高いというようなお話を伺っていましたしたが、
予想以上に乾燥傾向。

我が家の乾燥対策ですが、
 1) 洗濯物室内干し
 2) 浴槽水張りっぱなし、浴室ドア開放
 3) ちゃちい加湿器
です。
1)はありきたりで、2)は黒柳社長から「衛生上の問題から推奨
できず」のコメントがありました。

我が家は高台のようなところにあり、吹きっさらしの風も厳しく、
実際には1)、および2)ではまったく効果は感じられず、最近の
湿度は下がるばかり。
30%台に突入してますす。

以前から使用している3)ちゃちいスチーム型加湿器1台を稼動して
ますが、湿度計の針はほとんど変わらないし、体感的にも、加湿器の
間近でようやくちょっと潤いを感じるかなぁ?といったところです。

SCのお便りにある、社長さん宅の加湿器と較べるとなんと貧弱な
ことか。 考えを新たに加湿器購入を検討しなくては・・・。

そういえば、乾燥に伴い・・・
 ・木製造作手すりの合わせ目に隙間発生
   =>夏場はきっちり合わさってて、見事だなぁと関心した
     記憶がありますので、間違いなく乾燥によるものと
     思います。
 ・木製造作ドアのストッパーが止まらなくなった
   =>反ったのか、縮んだのか、ドアのストッパーがかみ合わ
     なくなりました。
     調整できるものでしょうか?
     また湿度が高くなると合ってきますかねぇ?

乾燥の感想はこりゃイカンゾ〜 f(^_^;)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

よちよち様がご質問をしていただきましたことによって、クレダのことをとてもよく知ってみえる方、日本ゼネラル アプライアンス社さんの○○さんと○○さんに、お会い出来ました。
とてもクレダのことに精通されてみえて、又、とてもクレダに愛情を注がれている方々でした。なんとなくイギリスっていう国が持っている感性といいますか、気質といいますか、風土といった方が合っているかもしれませんね、感じますね、とっても嬉しいです。

いい暖房機を作ってくれていて、それを使わせて頂くことは、なんとなく気分がよく、嬉しいものです。

よちよち様にご案内させて頂きました内容を、クレダをお使い下さっている皆様に、なんとかお伝えしたいな、と思っております。
よろしいでしょうか?

乾燥対策、といえる程のものではないのですが、我が家では、バスタオルをちょっと長いバーに、干す様な感じで、広げています。
家族が現在5名ですが、子供達は、入浴後、浴室内では身体をふかず、濡れた身体にそのままバスタオルを掛けて、水滴を拭き取るのですが、そうしますとバスタオル、それなりにかなり濡れてしまうのですね。
そのタオルは、それを私が1枚1枚多い時で3枚程、タイミングをみて時々交互に長いバー600〜700mmの2本に、干し掛けします。どうも、いつの間にか、私の役目になっていて、他の誰もこの作業はしてない様ですね。
そのタオルは、使った時は一旦、幅の狭い壁に 上中下と3段に取り付けしてある片方が空いているエモン掛け風のタオル掛けに戻されますが、こうして、このままにしておくとバスタオルはちょっと大きいので、ギュッと固まったままになってしまっていますので、このままではなかなか乾かないのですね。
ですから、その部屋の外の壁に、別に取り付けてある長いバー、上下2本に広げて掛けて“干す”スタイルにする訳です。

すると、あ〜ら不思議、例えば夜に“干し”掛けしました、それなりに濡れたバスタオルは朝6:30頃〜7:00に一応チェックみたいなことをしているのですが、パンパンパンとバスタオルをたたいて“あれっ 乾いてるかな〜?”とちょっと心配風に思って顔を近づけて、バスタオルを頭に触らせてみるのですが、それが不思議なのです。
“あれ〜?かわいてる!、少しも湿った感じが残ってない!、ワァー、気持ちいい!、それもつめたくないネ〜!!”なのですね。

もう、始めて2年半なのですが、ずーっと同じこの感じですね。
いまだに“??”ですが、かわいてますね〜。
まあ、湿度が今頃ですと、2台の大型加湿器も浴室加湿器代理もフル稼働して、40〜45%位、高くなっても50%を超えることはないですから、それはそうなんでしょうか。・・・というところです。

乾燥対策のお話が、いつの間にか“乾いてくれますヨ。”のお話しに変化してしまって、すみませんです。

植物を置くというのも1案ですので、ちょっと水遣りが大変ですが、いかがでしょうか?
水遣りが大変というのは、植物を家の中に入れますと水をやる必要がありますから、大変、なのですが、
もう1つ、水遣りを行う回数が、ちょっとかなり、普通スタイルよりも多いということも、大変です、の中に、含まれています。

                          黒柳
<戻る>





よちよち一家の日記