地鎮祭が終わりました。
2003/04/12
こんにちは、わかわか一家です。

 今日、地鎮祭が終わりました。昨日の天気予報では、一日中雨の予報で、無事できるのかと心配していましたが、朝起きてみると雨も降っておらず・・・曇り空。どちらかというと、雨男の夫はほっと胸をなで下ろしました。

 朝9時過ぎに現場の横を通り過ぎようとすると、社長さんと佐藤さんが地鎮祭の用意をして下さっていました。後で行ってみると、斉藤さんも来て下さっていました。朝早くからありがとうございました。そこでの会話で、地盤調査の結果、本当はちょっと不安もあったのですが、無事予定通り基礎工事ができるとの話を聞き、ホッと胸をなで下ろしました。(今日はなんといい日なんだろう)

 さて、10時から地鎮祭開始。この日のために、前日、夫の両親が信州からやってきていました。特に、夫の父は、お経を読むために、お衣を持ってきて張り切っていました。「仏説阿弥陀経」の読経の後、いよいよ社長さんにより地鎮祭を行っていただきました。全員による玉串奉奠、土地の角にお清めのお米と塩、そしてさかきが刺さった砂山に鎌と鋤と鍬を入れる儀式を、滞りなく終えることができました。ただ、最後の鎌と好きと鍬を入れる儀式では、子ども達が張り切ってしまい、特に抑えの効かない次男坊は、何でも「僕がやりたい」と張り切って、逆に迷惑をかけていました。さらに、娘は、社長さんから軍手を借り、砂山をきれいにする作業といいつつ、砂遊びをする始末・・・結局、長男・次男も加わり、楽しい地鎮祭になりました。(社長さん達にとってはご迷惑だったかもしれませんね。)
 
 この儀式を終え、家族5人が(夫の両親を含めると7人ですが)、これからの我が家の家造りに、みんなが大いに関心を持ったようです。家に帰ると、早速、図面を広げて眺めていました。

 地鎮祭が終わると、いよいよ基礎工事。ソーラーサーキットの家の基礎工事はとてもおもしろいようなので、夫はとーーーても楽しみにしています。妻も、図面を見て少しずつ、家の造りを理解しつつあるようです。

 社長さん、佐藤さん、斉藤さん、今日は本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。



 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

いつも、地鎮祭は楽しいですね。
今回も又とっても楽しい地鎮祭となりました。
お子様がいっしょに参加してくれるのは本当に楽しみであって そして 実際とっても楽しいですね。

“軍手を貸して下さい”
と娘さんから話があった時は
“エッ?”
という感じでしたが、
又 新しい地鎮祭がつくられていく様でした。
私のかわりに鍬(クワ)入れの為の砂山作りは初めてです。前に“もう1度やりたい”“鎌(カマ)もやりたいー”と言って じゃあもう1回砂山つくりましょうとなって何度も何度も砂山をつくってカマ スキ クワ みんな1回はやってみたいってなって お子様参加の地鎮祭は何回も何回もクワ入れの儀式を行われてきました。
そして今回は砂山づくりをやってみたいと娘さん
“エッ?”“あっ!”“そう〜?”っていう訳で“じゃあこの軍手を使ってね”“ちょっと砂山のつくり方教えてあげるからね”となって娘さん軍手をして砂山づくり“こう?”“そうそう”“うまいうまい!”

それを見ていた末っ子の男の子
目をかがやかせて“僕も、僕も、手袋貸して、やりたいっ!”って・・・・・・参加。
軍手は2つあってすぐに砂山づくりに参加です。

楽しい地鎮祭でしたね。
ありがとうございます。

                                                 黒柳
<戻る>





わかわか一家の日記