本体契約終了。これからがとーーーっても楽しみです。
2003/03/30
 こんにちは。わかわか一家です。

 今回は、3月22日と3月30日の2日分の日記を書きます。
 
〔3月22日〕
  この日は、黒柳建設におじゃましました・・・ところが、夫も妻も前回やっていなかった宿題を、なんとこの日も手 つかずもまま行ってしまいました(ごめんなさい)。しかし、社長さんも我々の年度末の忙しさをわかっていてくれて いたようで(?)、建具の話はごく少なめに、プランの細かな見直しと使用する素材の見直しを中心に話を進めて くださいました。(ありがとうございました。)
  その結果、妻がこだわっていたブランコが、天井からつるされるロープに変身!そして、2階の天井部の梁を伝っ て、3階の廊下(キャットウォーク)からガラス張りの離れ小島のようなスペースに行けるようなプランに変更しまし  た。(この説明ではわからないでしょうね・・・でもちょっと想像してみて下さい。)これができあがったときには、5歳 になる次男坊の格好の遊び場になりそうです。・・・今からその姿を想像して、夫はにんまり・・・でも妻は難しい  顔をしています。
  それから、この日は外構部のプランもちょっと見せていただきました。以前妻が要望してあった背の低い曲線の  壁に緑がたくさん・・・すてきなポストのカタログも見せていただき、こちらの方もとても楽しみです。
 
  この日は、我々が宿題をやっていかなかったせいもあり、いつもより早めに打ち合わせを終了。帰り際に、「今日 家に帰ったら、すぐに宿題を・・・」と、きつい催促をいただきました。(でも、結局その日も何もしませんでした。夫 婦二人でそれに着手したのは、3月29日でした。)

〔3月30日〕
  この日は、社長さんが我が家にきて下さいました。それは、いよいよ始まる解体工事を前に、隣近所に挨拶回 りをしていただくため。
  その挨拶回りを前に、いよいよ「本体契約」をしました。前回出された見積書から、我々なりに考えて削った内 容もあったので、以前の見積もりよりもちょっと額がダウン・・・。それでも、まだ、身の程知らず?という考えは、夫 婦共々頭の片隅にあります。契約書にサインをする前に、社長さんから細かな説明をいただきましたが、本当に 細かな内容を、社長さんは一つ一つ読んでわかりやすく説明をして下さいました。・・・こんなところからも、社長さ んの人柄が伺えます。(ここまで何度も「黒柳建設にしてよかった。」と思いましたが・・・これからもあることと思い ますが、本当によかったです。)
  そして、夫婦でサインをして、印を押しました。さあこれから、本当に具体的な工事が始まるかと思うと、わくわく しました。
  その後、ご近所への挨拶回り・・・ここでも社長さんのお人柄が幸いして、スムースに進行。
  来週中には現在ある妻の両親が建てた家の解体工事が始まるようです。それを考えると、楽しみなような少し 寂しいようなちょっと複雑な心境です。それを社長さんは察してか、妻に「奥さんは解体の時はこないで下さい  ね。」と一言・・・これも社長さんのお人柄です。温かい方に作っていただけるから、きっと温かな家になりそうで  す。(もちろん、ソーラーサーキットの家だから、冬は暖かいのですが・・・)

  本体契約も済み、いよいよ工事が開始・・・・とーーーっても楽しみです。

   
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

“ガラス張りの離れ小島”は 丁度そんな感じがきっとしますね。小さい子供さんたちには。

これは初めての出会いです。とても楽しみですね。
大人の人達にとっては、ちょっと大きなでもほんの1歩なのですが、小さい子供さん達にとっては、とっても大きな冒険なのですね ワクワク ドキドキ コワコワ フルフル の一瞬が生まれてきます。とってもいいですヨ。楽しい経験となります。お客様とお話していますと、これが本当に、ホワッと生まれてくる、この瞬間は実にとっても嬉しい ワクワク瞬間ですね。
又1つ楽しい空間を発見させていただきました。
ありがとうございます。出来ますこと 楽しみにです、私も。

わかわか様の家は、奥様がずっと小さい時から住んでみえた家を建替えをされるんですが、玄関ドアと洋室の扉にとても親しまれてみえて、新しい家に引き継がれることになりました。片開き戸だったのが片引き戸に変身します。もう1本はそのままお子様の入口戸に利用されます。
不思議ですが、きっと安心される入口になりますね。なんとなく心が和らいでいきます。
そしてご両親様のことも思い出されたりされますね。
そして又柱も2本、階段についてます飾り手すりも何本か、吹抜に取付します手すりに利用します。新しい手すりの材料とは色も形も違ってしまうのですが どういう訳かちょっと時代のかかった古い柱も飾り手すりも、なんとなくいい感じで落ち着いてくれますね。 楽しみですね。

                                                 黒柳
<戻る>





わかわか一家の日記