はじめまして・我が家のプロフィール
2003/01/05
はじめまして。今度「黒柳建設」に家を建てていただくことになった「わかわか一家」です。(今年の夏に完成したらいいなあと、社長さんにわがままを言っています。)なぜ「わかわか」かといいますと、いつまでも若々しい気持ちで人生を送りたいなあという家族の願いからきています。(夫や息子が「わかちゃん」と呼ばれていることもあります。)これからの家造りも、若々しい感覚を忘れずに、楽しい家造りをしていきたいと思っています。よろしくお願いします。
さて、まずは「わかわか一家」のプロフィール。

♂夫
年齢40歳。(この2月で41になる。)O型。とある中学校の教員。(これが若さを保つ秘訣の一つ)長野県出身。(携帯電話の着メロは知る人ぞ知る、あの名曲「信濃の国」・・・長野県をこよなく愛している。)尊敬する人物は、吉田松陰・坂本龍馬、そして長島茂雄。(携帯電話の待ち受け画像は坂本龍馬・・・とてもマニアックな携帯電話)性格は優柔不断・・・特に高価な買い物をするときは、なかなか決まらず、結局は「とりあえずやめておこう」となることもしばしば。(今度の家造りがそうならないようにしたい・・・笑)しかし、一大決心して決めると、まっしぐら・・・惚れ込んだらとことん・・・(黒柳社長さんにも惚れ込んでいます。)、失敗しても「まあいいか」で終わってしまう。

♀妻
年齢・・・本人は29歳と言っているが・・・?。A型。こちらはとある幼稚園の先生をしている。(これこそ若さを保つ秘訣・・・のはずが、仕事の多さに、毎日へとへとになって家に帰ってくる。本人曰く、「女だけの世界は厳しいのよ」・・・だそうだ。)東京都出身。(しかし、亡くなった両親はどちらも長野県出身・・・ということで、当然「信濃の国」はよく知っている。)Qooが大好き。(携帯電話の待ち受け画像は、もちろんQoo・・・時々、IモードでQooと遊んでいる。これが息抜きの一つのようだ。)物事を決めるまでは、なかなか慎重なところがあるが、直感が鋭く、決断は早いほう。家の中では、「あなた達家族は、お母さんの手のひらの上にいるのよ」と、お釈迦様のようなことを言っている。(ということは、夫はじめ子供たちは、孫悟空なのであろうか?)

♀長女
年齢13歳、中学1年生。O型。(父親に似たのか、片づけができず・・・よく母親に小言をいわれている。)母親の手伝いをよくしてくれる、頼りになる一人。中学に入って、吹奏楽部に入部・・・トランペットを吹いている。(昨年の終わりに、一大決心をして?、自分の小遣いやらを集めて、20万以上もするトランペットを購入・・・ところがあまりに大事にしているせいか、まだ一度も学校へ持っていったことがない。)ムーミンが大好き。(性格が似ているからかもしれない)中学生の割には、子供らしいところをたくさん持っていて(いい意味の若々しさがあり)、夫も妻も今の娘が大好きである。

♂長男
年齢9歳、小学3年生。(夏休みの一番最後の日に生まれた親孝行者。)O型。今のところ、自分に自信を持っていて、運動会やマラソン大会などの日に「おいら(口癖である)、優勝したらどうしよう。」と、強気な心配?をしている。最近母親の手伝いもよくしてくれるようになり、また、弟の面倒もよく見てくれる、頼りになりつつある一人。(父親からは、「お父さんがいないときはおまえがみんなを守るんだぞ。」と言われている。しかし、父親不在の夜は人一倍心配性で、なかなか寝付けないようである。)スパイダーマンが大好き。(今度、「スパイダーマンのフィギィアが欲しい」と言っている。)友達からは、「わか」と呼ばれて、慕われているようだ。何事にも前向きに取り組もうとしており(若さの象徴)、夫も妻も今の息子が大好きである。

♂次男
年齢5歳、保育園に通っている。(夫も妻も保育園には13年も通い続けている。あと1年と3ヶ月でそれも終わりそうだが・・・)A型。兄弟の一番してであり、次男でもあるせいか、とにかく目が離せないことが多い。なにしろ、2歳の頃からテーブルの上から飛び降りたり、登り棒にのぼったり・・・保育園の先生からは「運動神経が抜群」とほめられている。(しかし、そのあと、「こんな子は初めて見た」という意味深な言葉が続くが・・・)黒柳社長さんが大好き。この年末年始に信州へ帰省した際も、「黒柳さんにおみやげを買っていく」と選んでいた。(・・・社長さんお楽しみに!)ヒーローものが大好き、ときどきハリケンジャーやウルトラマンになりきっている。(そのとばっちりはいつも、夫か長男が受けている。)とにかく、我が家で一番若く(肌がつるつるしている)、一番手のかかる一人である。しかし、その分、みんなのアイドル。夫や妻に限らず、家族のみんなが、この一番下の次男が大好きである。

と、こんな家族です。我が家のモットーは、「家族みんなが仲良く、楽しい一家。」です。家の中で、家族の気配をいつも感じられているような、そんな家を造りたいなあと思っています。まだ、設計契約を結んだばかりの段階ですが、新しい家ができるのを今から楽しみにしています。
この「わかわか一家の日記」は、自分たちの記録にもなるかと思い、社長さんからお話をいただいたときに二つ返事で承知してしまいました。が、これが意外に書いてみると大変。どんなペースで書けるかわかりませんが、家造り同様、楽しみながら書けたらいいなあと思っています。
社長さん、これからの家造り、だけでなく、その後も末永くおつきあいよろしくお願いします。

次回は、我が家が「黒柳建設」に家造りをお願いするまでのプロセスを書きたいと思っています・・・いつになるやら・・・?


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

わかわか様ご一家の皆様へ
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

ご一家の皆様のご紹介、ありがとうございます、嬉しいですね。
お子様の感じがとってもよくわかります。
“そうです そうです、ほんとにそうですね”という感じです。
これから プランニングから始まって、色々といっぱいお打合せ、楽しみにして下さいませ。

家づくりで、一番か二番目に大事なことは “楽しい家づくりをしましょうね” ということです。
そして、次の二番か三番目に大事なことは “楽しい家に住みましょうね”
そして、三番目か四番目に大事なことは “住むことをどんどん楽しみましょうね” です。

“あ〜、こんな家にして良かった、この家いいね” と思っていただけますと、最高ですね。
わかわか様の楽しい家づくり、ご一緒に楽しんでつくらせていただけますこと、嬉しいです。
これから頑張りましょうね。

                                      黒柳
<戻る>





わかわか一家の日記