2ヶ月がたちました
2007/05/14
3月10日の引渡しから2ヶ月がたちました。

何度も何度も打合せをして想いをこめた我が家は
家族にたくさんエネルギーを与えてくれています。

《感動したこと その1》
子どもたちは毎日毎日 友達を家に招いて
広いリビングで宿題をしたりTVゲームで遊んだり
時には懸垂棒で 懸垂競技やぶら下がり競技をしたりしています。
もうすでに 友達が何度か お泊まりもしています。
 我が家には 子どもたちの声がとぎれることがありません。

《感動したことその2》
リビングでダイニングテーブルとTVの位置を
少しずらして配置したことで 家族のコミュニケーションが
一段と多くなりました。

TVを視界から遠ざけ 食事をすることができるようになった。
それだけで
 家族の会話は 時間だけでなく、話題も多くなりました。
食事をしながら 子どもたちと一日の出来事を話し合う。

・・・それをきっかけにいろんな話題に拡がっていきます。
他愛もない素朴な話題が多いけれど
 家族の顔をしっかりみながら会話がはずむ。
  食事の時間が家族にとって貴重な時間になりました。

その名のとおり リビング、ダイニングって大切ですね。



pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod・pod



とてもいい感じで2ヶ月をお過ごし下さっていますね。嬉しいです。

子供達って、遊ぶことって、本当に天才です。
新しいものをどんどん考えてくれて、それがみ〜んなですぐに輪になっていって楽しいです。
大っきな笑い声とか、大声で一生懸命に話し合っているのを見ていると嬉しくなりますね。
いつの間にか、うるさ〜い、のもの、いい音色になってきたりもします。

泊まってくれているのはとても嬉しいです。
ワイワイガヤガヤいいですね。

食事の時間は、み〜んなで手伝いあって出来ると、とても又これが楽しいものです。
この時の行動と会話は、とっても気持ちのいいものなんです。
家族でつくるの手伝って、運んで、よ〜し!いただきま〜す。
TVがあっちにあると、本当に会話がはずみます。
食べながらの会話程、楽しいものはありませんね。
とっても楽しい食事の時間が、もっともっと楽しい会話の時間にもなります。

光景が目に浮かんできます。

食べ終わったら皆んなで片付けて、さてさてここで、父さんシンクの大活躍ですね。
(あるお客様が命名をされました。とても私は気に入ってしまっていますが。)
お父さんも子供さんもみんなで片付けますと、本当にさっと片付いて気持ちがいいですね。
そしてその間も又会話がはずみます。

                                      黒柳
<戻る>





ポッド・ポッド一家の日記