数ヶ月が経過
2006/08/29
住み始めて,数ヶ月が経過しました.

足を伸ばして寝られるというのは,すばらしいことですね.でも,子供部屋ができたはずなのに,最近また,子供が親のベッドに入ってくることが多くなってしまいました.まだ幼いのか,寂しいんですかねー,とほほ.

@最初は,屋根裏の整理をしました.数十個のカラーボックスを並べて本を整理しました.本は重いので,なるべく家の中心に置いたほうがいいのでしょうけど,邪魔なので端に置かざるを得ません.せめてバランスよく配置することにしましょう.その他,キャンプ,スキー,釣りなどの道具は体積が大きくかさ張りますが,うまく収納する方法はないですかねー.

暑くなってきてから,基礎のガラリを開け,小屋裏ファンを稼動させましたが,かなり空気を吸い込む音が気になります.緩和する方法はないですかねー.

A次に家の周りに石を敷きました.
しばらく,土のままにしておいたら,雨の時に泥がはねて,土台が汚れてきてしまいました.また,近くの植木屋さんだか庭屋さんだかが,うちの砂利を敷かないかと,営業に来ましたが,とりあえず断って,DIYすることにしました.エアコンの室外機にも泥がかかり,アウターサーキットの通気層入口も塞がれると困るので,あわてて,砂利を敷きました.予想以上に大量の砂利が必要でした.全面的に防犯砂利を敷く予定でしたが,価格が結構高いので,下に一番安いセメント骨材用の洗い砂利を敷き,その上に防犯砂利を乗せました.それも量が足らなくて下地が見えてます.防犯効果はまあ気休めですね.妻も,効果と価格のバランスを取って,まあいいか...ということになっています.防犯砂利は,ガラスのリサイクル品の軽石のようなものと(アイリスオーヤマ製),レンガ砕石のような物がありましたが,耐久性が高そうなのでレンガ砕石のものにしました.

B次に南側の小さな庭に花壇を作り,手前は芝を植えました.まず,土を作るために,数十センチを掘りましたが,かなり石やガラが多く苦労しました.移植コテでは全然ダメなので,スコップを買ってきて,ついには3本鋤を買ってきました.大きな頭くらいの石も数個ありました.出た石の捨て場所に困ってしまい,黒柳さんに引き取って頂きました.
土はふるいに掛けていきましたが,釘,鉄骨,ガラス,瀬戸物等危険なものもありました.土が赤っぽいのは酸性だそうなので,アルカリ性の苦土石灰を混ぜて中和します.
粘土質で水はけが悪いので,腐葉土を混ぜ込みます.肥料分も無さそうなので,バーク堆肥をませこみます.鶏糞,牛糞,馬糞などありますが,馬が良いと言うので,一部馬の堆肥も加えました.1坪もない小さな花壇ですが,プランターの時と比べると結構土が多いです.芝の部分は浅目に掘り,腐葉土と堆肥を軽めに撒き,水はけ用の砂を撒いてから芝のタイルを貼り付けます.家の基礎の近くは,掘り返すと傾くと困るので,化粧石を敷き,レンガ・タイルを置きました.

マンション.ベランダに置いていた植木鉢やプランターに植えていたものを,地べたに移しました.紫蘇,ユーカリ,ミント,バジルなどのハーブと,ミニトマト,ジャガイモなどの野菜とバラ,クチナシなどの花,グミ,アセロラなどの実のなるもの,をとりあえず追加で植えました.節操なく増えていきそうです.ミニトマトだけ妙に大きくなってます.紫蘇は花が咲いてしまい季節が変です.バラ,クチナシは芋虫の攻撃がきついです.丸坊主にされてしまいました.

Cネット接続を,ADSLから光回線に変えました.NTT局舎から距離があり,ADSLの速度が低下していたためです.光ケーブルを引き込むのに,壁に穴を開ける必要があるかもしれないということで,導入経路を検討しました.

まず,電話線の経路を利用することができないか見てもらいましたが,電話線は直接壁の中を配線してあり,管があるわけではないので抵抗が大きく難しいということでした.CD管PF管といった細い掃除機のホースのような曲がる管を通しておくと,後で汎用性があるようです.ただ,外径20mm程度の太さがあるので,パイプスペースを確保したりする必要があり,場合によっては,構造材を一部切り欠く必要があります.

次にエアコンのダクトや通気口を利用する方法もあります.最近のエアコンは配管が見えないように,壁にぴったりと付けて施工してあるケースが多く,少々やりづらいようで,いったんエアコンを外すとなると,また冷媒の調整など面倒みたいです.通気口の場合は,虫除けの網に穴を開ける必要があり,フィルター等を付けていれば,さらに面倒です.

壁に穴を開ければ手っ取り早いのですが,心情的に忍びなかったので,なるべく穴は開けない方向を検討しました.水切り付近に穴を開ければ直接床下にアクセスできると教えていただきましたが,壁や土台に穴を開けることになるので,妻が許しません.

今回はエアコンダクトを利用することにしました.光ケーブルは,厚みが1mm程度しかなく,さらに最近のものはかなり曲げても大丈夫なので,エアコン裏をうまく通すことができました.ここから室内に入り,コンセントの穴から床下にアクセス,呼込み線を通したPF管を,リビング床下の大引の横面に這わせておきましたので(ここは私が施工),呼込み線に繋げて引っ張って,うまくパソコン位置のコンセントまで持ってこれました.床から壁への立ち上がり部分は,根太があり隙間が狭かったので管は通さず,呼込み線だけを裸で通しました.呼込み線には,普通の電源ケーブルを流用しました.PF管はカッターで簡単に切断ができ,専用の継ぎ手でワンタッチで接続もできます.PF管,サドル,ケーブル含めて2000円でお釣りが来ました.(しかも部材はかなり余った)PF管は,「パナフレキ」の16mmを使いました.1m約100円です.http://biz.national.jp/Ebox/densetsu2004/pdf/file/0464.pdf

速度計測すると65Mbpsくらいあり,今までの10倍くらい速くなってました.めでたしめでたし.苦労もあって,満足もひとしお.

D反省点
玄関の壁に握り手を勧められていましたが,付けませんでした.子供が,玄関に壁に手をついたりしてかなり汚れてきました.付けとけばよかった.

風呂場の入り口と洗濯機が干渉していて,スペースが狭く,結構渋滞します.もう少し広くしとけばよかった.

Eピアノの音
音は,吸気口から結構漏れるみたいです.吸気口とピアノの位置が近いと不利なので,離しておくといいみたいです.



 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑



のりのり様 お久し振りです。

引越しはとても大変でしたでしょう。
数ヶ月経って、さてさて落ち着き始められましたか?

新しい家は、今迄の生活スタイルと勝手が違いますから、慣れて頂く迄に、時間が掛かるかと思います。
SCの家は温熱環境的には、とてもいいですので、その分、かなり疲れを癒してくれると思っておりますが、いかなですか?
どうぞ、ゆっくり、時間をかけて、新しい家に慣れて下さいませ。

のりのり様は、多くの趣味をお持ちの方ですので、道具とか機械類がたくさんおありですと思っております。
屋根裏収納は、実に大きかったと思っておりますが、果たして、それらの道具類は、どの位の面積・体積を占めているのでしょうか?
想像しておりますが、多分、かなりなのでしょう。
逆に、収納方法を考えて頂きまして、“よ〜しOK!”となりましたら、是非、拝見させて下さいませ。

基礎SCダンパーからの空気の吸い込む音、の件ですが、そうですか、我が家では感じませんでした。どの位の音なのでしょうか?、一度見せて下さいませ。
ご連絡致しますね。

ネット接続の配線工事の件は、やはり、のりのり様ですね。
色々な方法を考えられて、一番良かれの方法を採用されてみえますね。
この場合、
「・・・・エアコン裏をうまく通す事が出来ました。ここから室内に入り、コンセントの穴から床下にアクセス・・・」
の「ここから室内に入り、コンセントの穴から・・・」の部分ですが、これは、南西の角の、室内側の入隅部分を配線をおろして、西側の、巾木と床のコーナーを北に這わせて、西面窓北側にあるコンセントから床下へアクセス、という解釈でよろしいでしょうか?
さすがにのりのり様ですね。
この配線工事をされる行為も、多趣味の中の1つ、の様に思われて、楽しまれたのだろうな〜と想像しております。

玄関の壁の手摺、
これは、出来れば横式バーがよろしいですが、今では、下地がPB(プラスターボード)の場合でも、PBの上に、化粧板で出来た力板材を間柱等の下地にうまく取り付けして、その上に、横式バーを取り付けしたりする材料も開発されていますので、もし、必要がありましたらお話し下さいませ。

風呂場の入口部分の広さの件、
そうですか、渋滞が出来ますか、すみませんです。
そして、それは、これからのお客様に参考にさせて下さいませ。

ピアノの件は、
そうですね、我が家も、近くの壁に24時間換気の吸気口があり、外でピアノの音を聞いてみますと、多少感じます。
我が家の場合は、その方向が丁度道路なので、多分、気にならなかったのだろうな、と思いました。
これも大事な事ですね。又又、参考にさせて頂きます。

又、次回、新しく気付かれました事、お話し下さいませ。楽しみにしております。
                                         黒柳
<戻る>





のりのり一家の日記