ウォークインクロゼット
2004/04/14
家を建てるにあたって、絶対にこれだけは作りたいと思っていたもののひとつが、
ウォークインクロゼット。ウォークインクロゼットって日本語で言うと何だろう?
衣裳部屋か?歩いて入れる巨大たんす空間?

狭い敷地に建つ小さい家なのであるから本当は目いっぱい居住空間と
したいところ。でも、居住のための部屋が1つ減っても、居住スペースがちょっと
くらい狭くなろうともウォークインクロゼットがほしかった。そのわけは、なんたって
根本のところが面倒くさがりの性格だということ。そうです。シーズンごとの
洋服の出し入れ=つまりは衣替えをしないですむようにしたかった。

面倒くさがりではない方々に言わせると、衣替えなんて半日もあればできて
しまうのだから、なにも部屋を減らしてまでも、、、、となるのでしょうけれどね。

このところ、寒暖の差がうっそ〜と年甲斐もなく言ってしまいそうなほどに激しい。
昨日と一昨日を比べても気温に10度以上差があったそうだ。
話が横道にそれますが、昨日の朝は家を出るまで昨日に比べてそんなに
気温が低く「さむ〜い」って言うほどになっているなんて、全然気づかなかった。
思い切り薄着で出勤。寒さに震えました。SCの家ってこれが「欠点」かも。
家の中にいると、そこそこあたたかくて急激に寒くなったことに気づかなかったりする。

そしてこんな気温差の激しい時期には、ウォークインクロゼットが大活躍。
その有難さを実感。もう寒くはならないだろうと予測して、押入れの奥のほうに
しまった衣装ケースを引っ張り出してきて、がさごそと取り出した冬物を着る、
なんて面倒なことをしなくてすむ。
ウォークインクロゼットの「冬物コーナー」においてある洋服を選んで着れば
よいだけ(もちろん、クリーニング済みのものはきませんが)。
やっぱり便利だわ、ウォークインクロゼット。


 ################################

ウォークインクロゼット
私は、こう呼んでみましょうか
“うわぁ〜 ひろ〜い! いっぱい服も何でも 入れられるヨ!この収納部屋。”(黒柳訳)

いかがでしょうか?   長〜い!!  (これは訳ではなくて 解釈ですね)

部屋の広さっていうのは、居室の大きさは、それなりにあれば それなりにOKであろうかと思いますね。勿論 個個人によって それなりの違いはありましょうか。
収納スペースは“いっぱい欲しい!!”と どの方もおっしゃいますが、やはり、それは それぞれの方の思い、考えがあって、“いっぱい欲しいね!”とおっしゃってみえる“いっぱい”も、それぞれでそれなりの違いがあります。でもいっぱい欲しいんですね。

昔、私 間違えて、ウォークインクロゼットをウォーキングクロゼットと呼んでいたこともあります。これは 動く収納室とでも言うんでしょうか。こっちの方がおもしろいかもしれませんが、まず、収納室は動きませんから、これ間違いですね。

ウォークインクロゼットがあるっていうのは、やはり とても気分的に楽なものの様ですね。
「部屋の床面積が、少し小さくなっても、吹抜を設ける方が、広さを感じる。それも、いつもいつもですね。という意味合いと同じ様に、居室の広さをそれなりに考えて、ウォークインクロゼットを設けますと、やはり、“ウォークインクロゼット、造ってよかったな〜”という感想を多くいただきますね。これはやはり、そういうことであろうかなと思います。

そして、ウォークインクロゼットの中味といいますか、この部屋の中のプランは、色々考えるんですね。部屋の大きさ どの位の大きさの部屋でいいか、だけではなくて、何を置くか、どこに置くか、何をつけるか、棚とかハンガー掛パイプとか、色々な収納BOXを組み込むかとか、これは又 それなりに、どんな家がいいかを考えるのと同じ気持ちを持って考えないとダメで、色々考えて 色々とレイアウトをプランニングして、出来た中味はなかなかいいものです。

この部屋に入る毎に、“ウーン、いいネー、この収納スペース。よく出来ていて 使いやすく 明かりも丁度いいし。”なんて 悦に入ってしまうんですネ。

いかがですか? のんのん様
部屋に入る毎に悦に入るっていう感じ、毎日 毎回 経験されてますか?

                                                   黒柳
<戻る>





のんのん一家の日記