娘の活躍
2003/05/22
カネカSC床下ダンパーをせっかく開けたのに、その途端、何この寒さ?という気候になってしまった。
ゴールデンウィークの時に暑い暑いと騒いでいたのがウソのよう。気温が低いのが一日二日なら
それでも開放したままで、というところだけれど、いやはやいつになっても気温が上がってこない。
まるで梅雨寒のよう。というわけで、先週末に、開放した床下ダンパーを再度閉めました。

ダンパーの開け閉めは、前回の日記にて黒柳社長が解説しているようにたいした手間のかかる
作業ではない。アミアミメッシュの扉をあけて、つまみをくるっと回転させて中についてる扉を、
あける時は倒し、しめるときは起こす。それだけ。。。。なのですが、我が家の場合「せっかく」と
つい言ってしまいたくなる事情が。

我が家の床下ダンパーは合計3つ。
玄関脇に1つ、向かって右側の壁面に1つ、そして3つ目が裏側の壁面に。この3つ目の裏側壁面
につけられているダンパーがちょっと曲者。都心の密集地&狭小敷地に立つ我が家。当然のこと
ながら建蔽率いっぱいに土地を使って建っている。つまりは、隣家とぴったりとくっついてしまって
いるわけです。それでも左右はまだ余裕がある。。。が、裏側は本当に少ししか隙間がない感じ。

当たり前ですが、ダンパーを開けるためには人が入ってちょっとかがみこむ姿勢をとる必要があります。
ダンパーの開け閉めはダンナのお仕事と決めていた(誰が?私が)のに、裏側壁面が面している
ところの隙間では、ダンナは無理やり入ることだけはできても、かがむことができない。大きいと
便利(高いところのものをとるのに踏み台いらずだし)なことのほうが多いけれど、こんなところでは
大きいことが仇に。そして、父も母も入れない。父母よりちょっとだけ痩せている私と7歳の娘、
この二人だけが入ってかがむことのできるスペース。

なので、開放の時には私が裏に回りこみダンパー開け作業をしたのでした。そして、先週末の閉め
作業。私は外出していてほぼ終日不在でした。帰宅したら「寒いからダンパー閉めたよ」のダンナの報告。
裏側はなんと娘が閉めたそう。ダンナが近くから手順を口で説明し、それにしたがっての作業。
暗くて狭いところが大嫌いな娘なのに、がんばりました。こんなところでも成長を感じたりして(親ばか)。

ダンパー開閉のためにこれ以上太れないわ〜と思っていたけれど、娘の活躍で、太っても大丈夫だ、
なんて思い直してしまいました。


 ################################

“カネカの床下ダンパー。” ハイ 正解ですね。
皆様へ “カネカの床下ダンパーです。” よろしくお願いします。

最近 少し 体重が下がりました。ほぼ半年かかってですが 上がったり下がったりしていて 少しずつ 少しずつ下がってますね。ちょっと体重計、この体重計は体脂肪率とか内臓脂肪率とか ピッピッピッ って感じで瞬時に数字が表示されます。体重計に乗るときちょっとこれが怖いですね。
それが少しずつ ゆっくりですが1ヶ月を平均していきますと下がってます。

食事に注意 といっても弁当の中のおかずはそんなに変化ないですが ごはんを少し少なくしてもらって。
そして4食だったのを3食にして。これは 夕方外出している時は、立ち食いのスタンドとかでパッと食べていたり 会社にいる時は、何かを買ってきて食べたりしていたのですが これを“やめよう!” 思い切ってやめてみました これで3食です。
これで、少しでもウォーキングすれば もっといい感じになるであろう(?)かと思っていますが これは難しいですね“時間がない”と勝手に言い訳をしてしまっていて・・・・・・

エーと 体重の話をしている場合ではないのですね。

カネカの床下ダンパーを開にするタイミングは難しいみたいです。ここ1発決めましょう というよりも ちょっと開けてみましょうか ちょっと閉めてみましょうか という軽〜い感じで。
といっても、
のんのん様の家の あの1ヶ所の カネカの床下ダンパーの開閉は少し大変なのですね。頑張って下さいませ。
そして、天候 気候 を動物的感覚をとぎすまして、感じていただく様になって(?)いただきましょう。

それから 3ヶ所全てをいつも開閉するのではなくて ここだけ1ヶ所でどうか、とかも試してみて下さいね。

                                                   黒柳
<戻る>

ダンパー開放
2003/05/08
今年のゴールデンウィークは12年ぶりの晴天率だったそうで。
そういわれてみれば、確かに連休中は一度も雨が降らなかった。そんな好天続きだったせいか、日中、
家にいると「暑いな〜」と感じることが多くなってきて。ついにやってみました、ダンパーの開放。引っ越して
きたのは10月末で、そろそろ寒くなるという時期だったので、我が家にとってははじめてのダンパー開放です。

以前に黒柳社長にダンパーの開け閉めタイミングについて伺ったところ、ダンパーの開放目安は最低気温が
15度程度になってきたら、ということだった記憶があって。天気予報を見ていると、このところの最低気温が
ちょうどそのくらいの温度。暑いと実際に感じるし、そろそろ開けてみるのにちょうどいいのじゃないかしらと。

ダンパーを開放したのは連休中なので、そろそろ開放してから一週間というところ。買わなくちゃと
思いつつもまだ温湿度計を買っていないので(こういうことが多いな〜)、具体的数値の変化はわからない。
体感的に室温がどんな感じに変わったか、ですが、一番変化が感じられるのが地下室。ここは格段に
涼しくなった。夜などは寒いくらいに。そして1Fから上の室温は。。。。。う〜ん、あまり変化が感じられない
というのが正直な感想。なので、地下室から上の階との室温差がすごくついた感じ。

そもそもダンパーを開けただけじゃ、そんなに大きくは変わらないものなのでしょうね。たくさんある窓から
ふりそそいでいる光が入ってくることを防いだりしないと。そうそう、それとリビングでは、テーブルの上に
つるしているペンダントライトの電球から発せられている熱がけっこう暑くて。これも熱を発しない電球に
取り替えなくては、といっているところ。

ここ数日は、帰宅するとリビングなどの窓を母が全開にしています。確かに風通しもいいんです、我が家は。
何しろあちこちに窓があるから、風がひゅ〜っと通り抜けていって。風が吹くと体感温度が下がるから涼しく
感じる。

でも、これからめちゃくちゃ湿度の高い梅雨がやってくる。窓を開け放してみても、爽やかになるどころか、
かえって不快になるだろう季節。この高温多湿のシーズンになったら、ダンパーを閉めて除湿機をまわす
ほうがよいのでしょうね、きっと。湿度が低いと暑さもしのげるし。

少しでも快適な生活がおくれるようにいろいろ試してみなくては。
まずは、温湿度計を買いに行くことからかしら。


 ################################

13〜15℃位に最低温度がなってきた頃に、床下ダンパーを開けて下さい。
このダンパーの名前、“SC床下ダンパー”といいますが、なかなか覚えられませんですね。床下ダンパーでいいでしょう、そうしましょう。
一応メーカーさんの名前をつけてカネカの床下ダンパーと呼んでいきましょう。
そしてこれは人の力で、というか、スイッチをポンと押しますと、自動的に床下のダンパーが開くわけではありませんね。
その場所へ行って、ちょっとしゃがんで、手動で開閉します。
ちょっとコツがいりますね。ガラリを両手で、上の方についているつまみをちょっと上に押し上げて そして 手前に、円を描く様に上から手前に、丸〜るく、もっていきますと開いてくれます。そして その奥に 今度は両手でそれぞれつまみ(レバーハンドルの小っちゃいやつ風)を、左手は時計回りに 右手は逆に回して90°、そしてポンと押しますと“あらら 開いたよ”って感じですね。
そして、それは開けたままで、次にさっき開けたガラリ(アミ)をさっきと逆向きに閉じますね。これで終了です。これを1ヶ所ずつやっていきます。
ここまでで50%の完了となります。

さて もう1つ 大事なことがあります。そうですね SCファンを動かすことです。
入った空気を外に出す という行為が残っています。
入っただけでは空気は動きませんね。外に出しましょう。これは屋根裏に取付されています。このSCファンを動かす為の室内スイッチがどこかの部屋にあります。開閉と書いてあるスイッチがどこかにありますね。一般的にはLDKとか屋根裏の近くの部屋とかにあります。アルデと一緒のところにあたったりしますので探しましょうか。図面にも載っていますので ちょっと “あっ そうかっ!” と考えれば大丈夫ですね。
そしてこのSCファンも強弱がありますのでうまく利用しましょうです。
カネカの床下ダンパーを開にして小屋裏のSCファンも開にして さてさてこれでOKです。早ければ20〜30分位かな、で“ヘェ〜”という感じになってきたりします。

“いいじゃんすずしいねぇ〜” と
楽しみにして下さい。

                                                   黒柳
<戻る>

ようやく置きました
2003/05/06
我が家の収納、黒柳社長はお褒めくださってますが(半分以上お世辞でしょう、もちろん)
とてもとても他人様に自慢できるようなものではありません。というか、これは私自身の問題
ですけれど、「どこに何をしまったか」をすぐ忘れてしまうのですね。
確かにしまったはず、、、でもどこに?がしょっちゅうです。収納上手の方々はそのあたりも
きちんと把握されているのすよね〜。う〜む。

収納スペースの片付けと同じように、引越し以来ずーーーっと気になっていたのに手付かずに
していたものがあります。それは地下ドライエリア部分をぐるりと囲む地上壁(表現力がないなあ、
我ながら嫌になります)の上のプランター置き場。そこは玄関のすぐ脇、道路に面している場所。
結構目立つ場所です。

その壁の道路に面している部分にはさつきが植えられているのですが、それだけじゃ寂しい。
外溝デザインの時に、この壁の上にも「緑」を飾れると気持がいいかもね〜と誰かが言い出し、
転落防止の点からもよいのではないかということで、壁の上にプランターを置けるように金属の
囲いをつけることになったのでした(確かそうだった記憶が、、、違うかな)。

そのプランター置き場。結局ずっとカラのまま。プランター買いに行かなくちゃね、といいながらも
いつもうっかり忘れてしまって。買い物に行っては「あ〜また買うの忘れちゃった」みたいなことの
繰り返し。そんなこんなで半年間が経過、、、だったのですが、このたびようやく置きました!!

父母がゴールデンウィークの一日を使って、プランターとそこに植える草花を調達。寄せ植え風に
プランターを作って壁の上に置きました。赤、黄、紫と色とりどりに花が咲いていてとてもきれいです。
四季折々いろいろな花を咲かせていけるといいな〜(って、きっと母がやってくれるはず、と期待)。


 ################################

そうですか、いよいよ、外構も最後の仕上の段階に入ってきましたね。
フェンスの上のプランター置き。いいですね、色んな花が咲いて。
そういえば今はメイ、5月、とってもいい季節。お花さん達も咲きみだれて、私も、私も、って感じで きれいですね。

あっ!そうそう、ちょっとしばらく前ですが、ご案内させていただきましたお客様、お母様にお願いして、ご説明していただいた方ですが、
今解体中。
案外お近くなのですね。もうじき地鎮祭ですよ。
キャットウォークあります。吹抜もトップライトも天井扇も。
そうそう“エート、2階に上がる階段はどこ? エー! ここから?”
という場所に扉がつきます。
ちょっと“へぇ〜〜〜!!”って、ご覧になられた方はおっしゃいますね、きっと。
お楽しみ お楽しみ。
時々ちょっと寄らせていただいております、外からちょっと見させていただいております。お花楽しみですね。

                                                   黒柳
<戻る>





のんのん一家の日記