これで万全?!
2003/01/24
前々回の日記の黒柳社長コメントに触発されたというわけではないのですが、先週末、ついに吸気口と
排気口の掃除に着手してみた(なんて大げさだ、いつものことながら)。

排気口。こちらはルーバー状(という表現であっているでしょうか?)のプラスティックのカバーをはずして
洗って乾かしてはめ直しただけ。もちろん中の穴(じゃなくてダクトというのか)の汚れも拭き掃除を。
それにしても、ルーバー状のカバーに着いていたほこりの量といったらすごかった。それはそれはたっぷりと。
約3か月分。こんなにほこりがついてしまうのね〜と驚きです。どうして今まで気づかなかったのかしら?
そう、吸気口に比べて排気口は、天井についていたり、壁の高い位置にあったりするので、普段は
あまり目に付かず気にならないのです。すっきりきれいに水洗いして拭いて戻しておきました。

吸気口。こっちはちょっと複雑な構造(そうでもないか)。まずルーバー状のプラスティックカバー、
これは排気口と同じ。排気口よりちょっとサイズが大きい。その次に、「ファインフィルター」。水色の発泡
スチロールの枠に不織布というべきか、うす〜い白い紙というべきかそういうものがはられているのもの。
そしてスポンジ。3センチくらいの厚さのグレーの丸いスポンジです。

吸気口のプラスティックカバーは排気口とは違ってほこりはついておらず、うっすらと汚れている程度。
ざっと水をかけて雑巾で水分を拭い取ったらピカピカに。
ファインフィルター。真っ黒になっていました。入居して1ヶ月くらいの時に一度カバーを外してみた時には
ほとんど汚れていなかったのに。この2ヶ月でしっかり外気の汚れを吸い取っていて。ご苦労様〜と
つぶやきつつゴミ箱へ。そして新品をセット。

スポンジは水に浸して押し洗い。水がグレーになりました。グレーの水が透き通るまでぎゅっぎゅっと押して
絞って。でもあまり絞りすぎると千切れてしまいそう。その後、乾燥させるために洗濯物ピンチにつり下げて
おきました。これがなかなか乾かなかった。強く絞っていないせいかもしれないのですが、丸1日かかりました。
で、その間、吸気口はファインフィルターだけの「守備」に。ちょっと不安。で、黒柳社長に相談して予備を
購入することになっています。

そうそう、前に木寺さんに教えていただいたように、冬場はルーバーを上向きにセットしています。
冷たい空気が上に行くように。

きれいなスポンジとフィルターがセットされた我が家。花粉対策は万全のはず。後は自分が外から持ち
込まないようにしないと。玄関にエアシャワーがあったらいいのに。(って、冗談ですよ>黒柳社長)


 ############################

 24時間換気を利用されて、その中での暮らしというスタイルは
この高気密 高断熱住宅といわれていますものから、必要として考えられたものですね。
 一般的には、あまりまだ なじみはなく、これからの新しいスタイルの暮らし方なのでしょう。
ですから、吸気口 排気口の点検、清掃 というものは、まだまだあまりピーンとこないでしょうし、
あまり気にもならないでしょうね。
 でも、この24時間換気の利用がない暮らしの時にも
吸気という感じからしますと、エアコンの点検 清掃 というもの、
排気ということになりますと、キッチンの換気扇、レンジフードの点検 清掃、トイレとか洗面室とかの
天井についていたりする 排気ダクトの点検 清掃 などは、同じ考え方が出来ますね。
そして、24時間換気は 24時間作動しているのですから、その点検 清掃、特に清掃の方は、
定期的に行うこととなります。
 この、定期的に行うというのは、期間が短くなってきているという感じの定期的、という意味ですね。
これは やはり、今迄にない雰囲気の暮らしでしょうか。
そして、この ある一定の定期的というものを習慣とすることに “あっ、そうね!” という感じで
気にしなくなってしまいましょう、ということが一番ですね。
そうしますと、この24時間換気システムは、全くOKですね。

のんのん様は、この清掃の状況を、映画を見ている様に表現していただいて、とても その場面 場面が
浮かんできますね。いいですね。
ありがとうございます。

玄関にエアーシャッターですか?
これは、花粉をワァーっと飛ばしてくれて、玄関の中に入るときは 花粉が服についてない風になっている、という
感じのことですね? か?
“フ〜ム” 腕組みをして頭をナナメに傾ける “フ〜ム”(ポーズだけです。)
何も考えてはいない様ですね。

あ!そうそう(考えてみたんです)玄関にエアシャワーはないですが、ポーチの屋根、オーニングがありましたね〜、代用品にはなっていないかぁ〜
でも、あれもいいねェ〜・・・???

                                                黒柳

<戻る>

目が点
2003/01/16
先週のある夜。帰宅してみると、テーブルの上にいつもの東京電力からの電気代の
通知書が。あまり気にすることなく(我が家はなにしろどんぶり勘定の家計管理=
管理とは絶対に呼べない)手にとってみました。そしてその金額に思わず叫びそう
になった。というのは、ちょっと大げさとしても、「ウソでしょう〜」と一人つぶやいて
しまったのは事実。まさに目が点になりました。

具体的金額は、これはまあ非公開ということにさせていただくことにして、そんなに
びっくりの金額というのはいくらかというと、「その前の月の電気代の2倍ちょっと」と
いったところ。。。。。どうしてどうしてこんなことに????と考えてみる。
前月と直近の1ヶ月間の違いといえば、暖房を付け始めたこと。今年の冬は気象庁の
暖冬予想はどうなってしまったの〜?と文句を言いたいくらい寒い日が多い。いくら
ソーラーサーキットの家は冬場でも暖かいと言ったって、家自体が発熱しているという
わけではないから、暖房まったく無しで家中があったかーいというわけにはいかない。
家の中を快適に暖かくするためには、当然暖房をつける。暖房無しにこの寒さをしのぐ
ことはいくらなんでもできない。

我が家は蓄熱型の暖房機(クレダでしたっけ?)をおいておらず、暖房は主にエアコンと
オイルヒーターにたよっている。それぞれの居室はエアコン。みんなが集まるリビングは
吹き抜け空間が広いから、輻射熱で部室を暖めるオイルヒーター。このオイルヒーター。
最近のものはそうでもないようですけれど、我が家のものは7年前に購入したもので、結構
電気代をくうことを思い出した。だから、昨年までは狭い寝室でそれも夜間しか使わない
という感じの使い方だったのに、広い空間でほぼ24時間、レベルそれなりに上げて
使っていて。。。。う〜んこれがいけなかったのかもしれない。でもこのオイルヒーター、
ほわ〜んと部室が暖かく気持ちがよいのだ。空気も汚さないし。

こんなことで電気代を節約できるのかどうかわからないけれど、とりあえず、リビングの
オイルヒーターのほぼ24時間稼動をやめてみた。急遽、以前使っていたホットカーペットを
納戸から出してきて床に敷き、リビングでくつろぐ人がいる時だけカーペットを暖かくする
ようにもしてみる。せっかくの木のフロアが見えなくなってしまって少し悲しい。エアコンの
設定温度も、気持ちの問題だけかもしれないけれど、少し下げてみる。ちょっとケチくさい
感じだなあと思いつつも。

エアコンの台数は以前の家の2倍。電気代も2軒分なのだから、そこそこかかってしまうのは
仕方のないことなのかもしれない。先月は年末年始休暇でずっと家にいる時間が長かったから
かなあとは思うのだけれど、あまりに衝撃的な金額だったので、今は気分が「節約」に向かって
います。いつまでこの気分が続くのやら〜ではありますが。


 #############################

電気代がいっぱいかかってしまって、申し訳ありませんです。
家が 温度に慣れてくれる迄、少し日数がかかってしまいますね。
ごめんなさい、特に 冬に向かって入居していただきますと、家はまだまだ冷えている様なので
家自体がちょっと暖かくなる迄、時間がかかってしまいます。
そういったこと、もう少しお話しをキチンとさせていただけなければいけませんでしたね。すみませんです。
一年 二年、と経っていきますと、段々と利用スタイルが出来てきて、又 コンクリート自体の温度、湿度の状態が生活スタイルに添ってきますね。そして、冷暖房の方法、ケ所も、又 少しずつチェックしていただきますと、
快適な冬と夏を過ごしていただけると思っております。

                                                 黒柳
<戻る>

謹賀新年
2003/01/13
すでにとっくに松の内も空け、鏡開きも終わってしまっているので新年のご挨拶をするには
タイミングを思い切り逸している。。。。。。。のではありますが、まずはご挨拶から。
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。建築中の時と違って、
日々新たな出来事が起こってくるわけではないので、あまり頻繁に更新はできないかも
しれませんが、住み心地など感じたことを書いていければと思います。

新居で迎える新年はなんだかすがすがしくとても気持ちのよいものでした。
一生に一度でしょう、きっと。新築の家ですごすことのできるお正月というものは。
もしかしたらもう1回くらい家を建てて、なんてこともあったりするかもしれないですが、でも
黒柳建設さんに建ててもらったこの家は丈夫で長持ちしそうだもの、やっぱり最初で
最後の「新居で迎える新年」に違いない。

それにしても何がよかったって、それは年末恒例の大掃除をしなくてすんだこと。年末の
我が家の合言葉は「今年はいいよね(大掃除しなくて)。まだ2ヶ月ちょっとだしね」。
日頃からこまめに母が掃除をしてくれているおかげもあって(母に感謝)、ほとんど汚れも
目立っていない。なので、リビングの梁の上にたまった埃を拭い去ることや換気扇の汚れを
いつもよりちょっと丁寧にふき取るくらいのことを、いつもの掃除にプラスしただけで済んだ。
あ〜ラクチン。毎年こうだといいのに(無理だが)。

そんなわけで余裕があった年末の休みには家族3人で2泊3日のスキーに出かけてしまいました。
今までだったら掃除やら何やらで、年末休暇にスキー旅行に行くなんて考えられなかったこと。
新築の家で大掃除をしなくてよかったこと、そして同居の両親がいて年始の準備をやってくれる
ということ(両親に感謝)で実現。同居してよかった(なんてやつだ!)。

1つだけやり残してしまったこと。それは吸気口の掃除とフィルター交換。これは年始休みに
時間があるだろうからその時にやろうと思っていた、、、のに、風邪を引いて新年早々体調を
フィルター交換をしようとかたく心に誓っているのです。


 #######################

のんのん様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

ご家族でスキーですか、いいですね。どちらへ行かれたんですか?
私はその頃、長距離バスで、もしかしたらその辺りの高速道路を通っていたかもしれませんですね。
随分雪がいっぱいあって、スキーはきっといいだろうなぁ〜、なんて窓から見ていました。

思い出です・・・ 
家族で一緒に連れて行ってくれますスキーツアー、朝日新聞さんが主催されていて、
早稲田のスキー同好会の皆さんが先生となって教えていただけるスキーツアーに
行かせていただいたことがありましたが、私は全くの初心者でしたが、2年目の時に
曲がれなくて ひっくりかえってしまって、鎖骨を折って、それもその夜 
“痛いな〜” なんて言ってましたが、どこかの奥様が
“冷やしておけば大丈夫よ、そんなの” と言って “そうかな〜”と。
でも、朝になっても痛いので、 “じゃあ病院へ行ったら”
ホテルの地元の病院でみてもらったら “あっ、これ折れてますね”
“エッ!エッ!エッ!折れてます・・・か、そうですか”
それは初日でしたから、それから3日間は一人で雪遊びでした。
それからもうずっとスキーは・・・
・・・思い出ですね。痛い思い出。

のんのん様、思い出しました。
ファインフィルターはOKですか?ご用意できてますか?
準備は早めに、ですね。

                                                  黒柳
<戻る>





のんのん一家の日記