もぐもぐ一家の地鎮祭日記
2005/06/07
6月上旬のある日、我が家も地鎮祭を行いました。 実はここに辿り着くまで、苦難の数ヶ月間があったのです。 数年かかってやっと見つけたこの土地の売買をめぐって、一種の不動産トラブルに巻き込まれ、一時は取得をあきらめようかと考えたこともありましたが、黒柳さんはじめ、スタッフの皆さんが親身になって相談にのって下さったおかげで、無事に土地の引渡しを終えることが出来ました。 取得した土地には古屋が建っていましたが、取り壊しもあっというまに終わって、その後地中から”古代の遺跡 !?”が出土したりして、ハラハラ・ドキドキさせられましたが、ようやくこの日を迎えられました。 

最近の地鎮祭は略式で行う事が多いそうですが、ここまでのさまざまな経緯を考え、「厄払い」の意味もこめて神主さんを呼んで正式に行う事にしました。 無論、私たちにとっては初めての経験であり、どのようなことをすればよいのか全くわかりませんので、事前にインターネットで調べて勉強しておいたことは言うまでもありません。(式の流れや、施主が行う”鍬入れ”や”玉ぐし奉天”なども細かく載っており、参考になりました) 段取りは全て黒柳さんにおまかせしていましたが、神様へのお供え物は施主が準備しなければなりません。山海の幸(野菜、果物、海産物、お米、お塩など)を準備するわけですが、中でも”鯛の尾頭付き”は、近所のスーパーにお願いして取り寄せてもらっていたもので、「3kg以上はある?」と思われる立派な鯛でした。 食いしん坊のもぐもぐパパは、地鎮祭が終わったその日の夜は、この大きな鯛をサカナに一杯やれるぞー!と勝手に思い込んでいました。 もぐもぐママは、「半分はお刺身にしてー、半分は塩焼きかしらー」などと考えていたようです。 しかーし、人生も家作りも、そんなに甘くはありません。 これらの品々は神様に捧げられるべく(?)、神主さんに引き取られていったのでありました。 後でよくよく考えてみたら、これらのお供え物は神様に提供されたもので、決して我々人間が口に出来るものではないのです。反省... 
ともあれ、天候にも恵まれ、地鎮祭は滞りなく終了し、土地も祓い清められたわけで、あとは着工を待つばかりとなりました。

 それにしても、更地になった狭い土地を見ていると、「本当にこんな狭い土地に家が建つんだろうか?」という不安と、「ここに俺の城が建つんだー」という両方の思いが湧き上がってきます。  これから約半年間、暑さの厳しい中、現場で作業される方たちは本当に大変だろうと思いますが、私たち家族の夢のマイホーム完成のためにご協力よろしくお願いします。


φφφφφφφφφφφφ


土地の契約が終わってからのびっくりなお話は、やっぱりかなりびっくりしましたね。
でも内容がわかれば最終的には 時間が解決してくれますから、ちょっとゆっくり待ちましょうという気持ちを持っていただければ、なんとかなってゆくものと思いますね。
とはいっても、初めてのこと、やっぱり、ドッキンドッキンしますね。 私も同じでした 表面上は、ニコニコ、でも心の中は“ エッ!、エッ!、本当!!“っていう、ドッキンドッキンでしたね。
土地のことが、だいたい方法が見えてきた時は、 “まあ大丈夫ね ちょっと待ちましょう“と余裕すらでてきた様に思います。

さてさて、それよりもびっくりしたのは、土地の決済後の、解体工事のことですね。
家の下にもう1つ、コンクリートの基礎の様なのものがあって、それが何であったのか、それとも何かの基礎なのか、ちょっとみてもわからない状態であって、その不思議なものに私は、とてもびっくりというか想像が出来ずにいました。
調度、隣の家のご主人がこれから出かけられるという感じで出てみえたので、聞いてみました。
又びっくりです。
軽い感じでサラッとこういう話をされたのです。
“この辺は、一体はすべて戦前、野戦病院があった。”とか、
“だからこの辺の家の下にはコンクリートの基礎が何列もずっとつづいていて、みんなその上に建っているんだ。”とかどうとか、
“その当時の建物の基礎が、ずっと何ヶ所も横断しているから、道路の下水管工事の時もその下をくぐって工事されて配管されているよ。”・・・だって。
びっくりしましたね〜

でも よかったです。
もぐもぐ様も私共も関係者皆知らない状態でしたから、解体屋さんの職人さんが、ちょっと深く掘ってくれて見つけて、“コンクリートの浄化ソー?”なんて思って掘ってくれたので、見つかってよかったですね〜。
そして撤去できて。
古いため、このコンクリート 案外素直に壊すことできましたね。

ただ、そういう地盤であった為でしょうか、SS試験の結果、地盤改良工事が発生してしまって、費用がかかってしまいましたね。申しわけありませんです。

地鎮祭の時、地面の上にその杭(杭といいますと ちょっと 違うのですが、正式には柱状改良工事というんですね。難しいですね〜)の設置ヵ所が、30ヵ所位印されていましたが気づかれましたか?
地鎮祭は無事に終了。
晴れてよかったですね、それにしても でっかい鯛でしたね。
神様に食してもらうにはもったいなかった・・・・・?ですね。

そしていよいよ現場が始まります。
楽しみですね、お近くですので 散歩がてら通ってくださいませ。

同じ場所から(何ヶ所か決めて)、気のついた時パチッパチッと写真をとっておくと、とても 楽しい記録になると思います。

※ 何ヵ所か決めて:これは、建物が出来てきますと、建物はワーッとデッカイですから、全体が、カメラワークの中に入りきらなくなってしまったりしますし、周囲にネットがかかりますから、あんまり 中の様子がわからなくなってしまったりしますから、ちょっと今のうちから想像していただいて、この辺からと、この辺からと・・・・と・・・・と、と考えていただいて 何ヶ所からの経過写真をとっていただくと、すすみ具合なんかがとてもわかりやすいかと思います。

さてさて、楽しみ 楽しみですね




<戻る>





もぐもぐ一家の日記